バカラ攻略法

GGバカラ戦法PB法の特徴
GGバカラ戦法-PB法はライブ専用のベッティングシステム。
カウンティングによるポイントを加味していて、最大ベット数に制限を設け、最小の賭け金で効率的な運用を目指す方法です。
100シュータ(ゲーム数:5219)の実戦集計で、全体の勝率が52.6%で、 さらに、MAX賭け時の勝率が54.8%で、全体より2.2%も高いということは、このポイント計算が有効と判断されます。

GGバカラ戦法-PB法へ

一部紹介

PB法(ポイント・ベット)では、最大賭け数は10単位

GGバカラ戦法PB法(以下PB法)は、ライブバカラゲームに有効な方法です。

一種のベッティングシステムになりますが、カウンティングによるポイントを加味していて、最小の賭け金で効率的な運用を目指す方法です。

ベッティングシステムは負けたら賭け金を増やす方法と、勝ったら賭け金を増やす方法があります。

負けたら賭け金を増やす方法はマーチンゲール系と呼ばれ、理論的には不敗の方法です。

ただし、無限大の資金があり、無限大の賭け金がベット可能なら有効です。

しかし、これは現実に不可能であり、この方法は大敗する方法といえます。

勝ったら賭け金を増やす方法はバーレー系と呼ばれ、大敗する可能性は少ない方法です。

しかし、勝つことは運次第であり、通常は着実に資金が減少していく方法です。
この方法で継続的に利益を上げることは無理があります。

著者はこのPB法を生み出すまでに、モンテカルロを応用した方法や、確率論に基づく組合せの方法など様々に試しました。

この研究は20年以上にもなり、ネットカジノの前は海外に行って、検証したこともあります。

しかし、始めはうまく行っても、いつしかつまずき大敗するのが常でした。

それは、勝率が5割を切るからです。

ルーレットなら始めから勝率は5割を切っており、これで勝つことは不可能です。

バカラはルーレットよりましですが、プレイヤー側は勝率が5割を切ります。

また、勝率が5割より上(?)のバンカー側は5%の手数料がとられ、実際は勝数で勝っても最終的には損になります。

もし、何らかの方法で勝率5割以上が期待でき、そこにうまくベッティングシステムを応用すれば、安定した運用が望めるのでは?

そして、マーチンゲール系のように理論的に必ず勝つ方法は無理でも、少ない資金でうまく運用できればよいのでは?

賭け金を抑制し、最大ベット数に制限を設け、カードの強弱を計算することで、このPB法が完成しました。

賭け金を増やし続けることは大敗の要因であり、カジノの餌食になります。

PB法(ポイント・ベット)では、最大賭け数は10単位

バカラのライブテーブルはカジノにもよりますが、1~10、2~20、5~50または、それ以上のハイテーブルがあります。

通常は1~10のテーブルで充分に運用できます。資金余裕があればそれ以上のテーブルで大きく狙えます。

PB法は今までのベッティングシステムとは全く違います。

毎回、賭け金が変化しますが大きくなることは無く、最大でも10単位となります。

また、一方のみ賭け続ける方法でもありません。

ポイントのプラスマイナスにより、賭ける側が決定されます。

最大賭け数が決まっていますので、精神的に安定した状態でプレーできます。

負けたら倍賭けするマーチンゲール戦法では、10連敗もすればかけ金は始めの512倍になります。

それで、勝っても儲けは最初に賭けた1のみです。

この512を賭けるには、普通の精神の持ち主なら、まずは無理です。

10連敗なんて、ありえない!

と、思いなら、それは非常に危険です。

確率的には、ありえないような連敗が続くのがバカラです。

それに対しPB法は比較的連敗に強く、賭け金の上限が10単位と始めから定められていて、大きく負けることはありません。

また、MAX10単位で賭ける場面では、勝率が54%前後と、僅か(長い目でみればかなり大きな差)ですが5割以上となり、負けるより勝つ場面が多くなります。

カジノ攻略法の紹介♪

GGバカラ戦法-PB法
GGバカラ戦法PB法(以下PB法)は、ライブバカラゲームに有効な方法です。 一種のベッティングシステムになりますが、カウンティングによるポイントを加味していて、最小の賭け金で効率的な運用を目指す方法です。

GGバカラ戦法-PB法へ

Copyright(c) 現金で遊べるオンラインカジノゲーム「カジノ」「麻雀」「スポーツベット」でボロ儲け!
. All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com